fc2ブログ

Flower Fairy

小品no.2
Flower Fairy


2007年1月完成
石塑粘土 ジェッソ 胡粉 モヘア 針金
豚の腸 油彩 アクリル ドライフラワー
約18cm




約5年前に作った妖精の胸像(?)です。
首は関節になっているので角度を変えられます。

後ろから見たところ。


羽根は豚の腸を乾燥させたものを貼っています。先生が乾燥させて作ってあったものを使わせてもらいました。

自分でも作ろうと思いお肉屋さんに買いに行きましたが、私の説明が悪かったのかアミ油という全く違うものを頂いてしまい戸惑った思い出があります^^;

花冠はちょっと色褪せたかんじにしたかったのでドライフラワーで作りました。

当時この子を好きと言ってくれる方が意外に多くて嬉しかったです。
今見ると色々と未熟ですが全体の雰囲気としては良いかなぁと思います。

中学校ぶりに半田付けをやったりと作るのが楽しかった作品です(*^^*)

Doll no.9

Doll no.9 sophie

2011年10月完成
石塑粘土 ペーパーウェイトグラスアイ
モヘア ジェッソ 胡粉 油彩 アクリル
約55cm


55cmと割と小さめですがこれまでで一番大人っぽい子になりました。

今まで眼は自作のものを使っていましたが、今回初めてイギリス製ペーパーウェイトのグラスアイを使ってみました。
直径10mm程の小さな眼ですが綺麗なヘーゼルグリーンで細かく虹彩が入っています。
左右で眼球の張り出し方が違うので右と左で表情が違いますがそれも面白いかなぁと思い入れました。



衣装はアンティークドール風のデザインで薄手のシルクを紅茶染めして使っています。
下の写真は下着。
隠れていますがドロワーズも着ています。



今回はなるべく設計図通りに作ることと、体をバランス良く作ることを意識して作りました。
仕上げは油絵の具を重ねて沈んだかんじの色合いになりました。




昨年10月の教室展では裸のままドールベッドに寝かせて展示していましたが、やっと服を着せられました^^;

初めてのことを試したりできたので色々と勉強になる子でした。


※この人形は現在京都の昔人形青山様で展示販売中です。

ピエロのオルゴールドール

小品NO.5 ピエロのオルゴールドール

2011年12月完成
石塑粘土 アクリルアイ シルク モデリングペースト
油彩 アクリル絵の具
約40cm




ピエロのオルゴールドール(ガラガラ)です。
これまで動物のガラガラはいくつか作ってきましたが、人の頭のものは初めてです。

昨年12月に四ツ谷のチェコカフェ「だあしゑんか」で行われた教室主催のクリスマス展のために急遽作りました。
クリスマス展ということで派手目なほうがいいかな~と思い本を見ながらビーズ刺繍をしてみました。
メイクもいつもより派手にして、なんとかピエロちゃんっぽくなったかなぁと思います。

仕上げは今回初めてモデリングペーストを使いました。といっても頭部分だけなので特徴がまだよくわかっていませんが^^;
まったりした仕上がりでメイクも乗りやすく、胡粉とはまた違う仕上がりになるのでまた使ってみたいと思います。

少し色味を変えてアンティーク風に。


アンティークドールの本にたまに載っているオルゴールドールを参考に、なるべくアンティークっぽく、華やかになる様作りました。

また違う雰囲気で作ってみたいです。


※この作品は3月の昔人形青山様の個展で展示予定です。

Doll no.5

Doll no.5
くまを持った少年


2009年3月完成
石塑粘土 自作の眼 人毛 ジェッソ 胡粉 油彩仕上げ
約70cm





いきなり5体目ですみません(汗)
これからも順不同になるかと思われます…

私は原作のくまのプーさんが好きなんですが、そのままクリストファー・ロビンのイメージで作りました。

ただ彼は挿絵でもあまり正面からの絵がないので(そこも好きなんですが)あくまでイメージです。
初の伏せ目でなかなかうまくいかず、苦労した覚えがあります。

私は人形を作るときは作りながらイメージを固めていくことが多いんですが、この子は珍しくモデルがいたこともありその面で迷いはありませんでした。

クリストファー・ロビンの中性的な、透明でどこか官能的なイメージは私の作りたいものに近い気がします。

もちろんまだまだですが、割と理想に近いかたちになったお気に入りの子です。

ちなみにくまはオークションで一目惚れしたイギリスアンティークです。
ちょっととぼけた顔が可愛くて、少年のお供にしました。



*この人形は3月の昔人形青山様の個展で展示予定です。
sidetitleプロフィールsidetitle

今井亜樹

Author:今井亜樹
球体関節人形を制作しています。制作途中の記録や展示のお知らせ等を載せています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアナログ時計(黒)sidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR